top of page

店舗型ビジネスにおけるGoogleマップの活用

旅館、飲食店、小売店など、店舗型ビジネスにおけるGoogleマップの重要性がとても大きくなっています。Googleマップを活用した情報発信の特徴は、

1. 無料でできる

2. Webに関する専門知識ゼロでOK!スマホでOK!

3. 具体的な集客につながりやすい

4. 外国語(人)にも自動翻訳で対応

など、事業者さんにとってのメリットが大きいです。Googleマップは日本で一番使われている地図アプリで、利用している年齢層が20代~60代と幅広いのも大きな特徴です。しかしながら、WebサイトのSEO対策を意識している事業所に比べて、店舗型ビジネスでGoogleマップを活用した情報発信(MEO対策)を十分に意識して活用している事業所はまだまだ少なく、適切に活用することで、多くの先行者メリットを得ることが可能です。

 Googleマップでお店を検索する人は既存客ではなく、お店のことを知らない新規顧客です。新規顧客に必要な情報がしっかりと整備されていて、口コミ評価が高いお店が、お客様から優先的に選ばれています。マップ検索の上位表示に影響する要素として、①検索ワードとの関連度、②検索場所からの距離、③世間での認知度、があります。①に大きく影響する店舗側の対応策として、お客様目線の情報が整っている店舗は、実際にマップ検索で上位表示されています。また自店のWebサイトでの掲載情報やSNS情報発信、他の口コミサイトでの被掲載情報など、Web上の他の情報とつながることで、③もアップします。

 上位表示されるためのGoogleマップの設定で注意したいポイントとして、「NAPの統一」があります。店舗名(“N”AME)、住所(“A”DRESS)、電話番号(“P”HONE)の3点について、Web上に存在する全ての情報を統一することで、GoogleのAIからより発見されやすくなるため、一度自社Web、すべてのSNS、口コミサイトのNAPが統一されているかチェックしてみましょう。旅館においては旅館名の前の屋号表記にバラツキがあることが多いので特に注意が必要です。

 Googleマップでの情報発信は、写真投稿および最新情報の発信が可能ですが、何を投稿するか迷ったときは、ぜひ無料版のChatGPTを使ってみてください。「○○店を経営しています。Googleマップの写真投稿の内容のおすすめのテーマを10個教えてください」と入力すると、投稿テーマを解説付で教えてくれて、ご自身で考える何倍も速くて実践的なテーマが簡単に入手できますよ。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page